地域活性化の鍵はゴハンにある?

こんにちは(*゚▽゚)ノ

先日の『ごはん塾』の中で

地域活性化の事にも少し話がありました。

ご飯を食べるという事は、体にもいいよ~というのは

分かるのですが

地域活性化に繋がるって、どうゆうことなんかなぁ

豊岡も、盛んに地域活性化を言ってる

最近はコメダも出来たし、

私もゆっくりブログを書いたりする時に、利用させていただいています

ごはん塾に行ったのに、パンとミルクコーヒーです

しかも、たっぷりです(ノ´>∀<`)…

時にはいいのです(笑)と、言い聞かせてます(笑)

私が子供の頃は、豊岡に行く!!と言ったら

本当に特別なハレの時くらいでした。。

今は道もだいぶ良くなったので、ちょっと行こか~な感じになってます(;´∀`)

でも、やっぱり普段の買い物(食品や日用品)は近くで済ませます

豊岡の人が、休みの日に出かけるのは

姫路だったり、福知山だったりするんだろうなぁ

福知山に行くなら、大阪かぁ

(*´ ³ `)ノあくまでも推測です

さて、豊岡といった地方都市が元気になるためには

周辺地域が元気にならなきゃいけない

私の住む香住も、魚の町として知られています

毎月『トトの日』って、20日に魚を食べよう!!ってやってます

魚に合うのはやっぱり『ごはん』だよね

(*・_・*)ウン♪

魚を食べて野菜を食べて

そして、ごはんを食べる事

そうすることで、周辺の地域は元気を取り戻していく

人が住むようになってくる

人が住むようになると、子供たちが増える

地域に子どもたちの元気な声がする

学校が存続する

学校に子供達の笑い声がある

地域のコミュニティは、学校を中心に成り立っている

ここで遊ぶ子供も今はいないなぁ。。。

やっぱり、豊岡に行くのはハレの日

休日は、香住から豊岡に行く人も多いんじゃないかなぁ??

普段の買い物は香住ですませても、

休日は豊岡にお出かけ♪なんて人も多いと思うよ

その為には、香住も元気にならないとね

豊岡も地域活性化を叫ぶなら、豊岡の事だけを考えないで

周辺の地域も元気にする事を考えることで

結果、豊岡も元気になるんじゃないかなぁ??

そんな事も、サラッとお話されてました。

see you again…..

広告